2017年12月24日

★ヘブライズムのはじまりの日の今日/火炙りの寡婦

★ヘブライズムのはじまりの日の今日

Histoire de la Religion Chrétienne au Japon/Léon Pagès
日本切支丹宗門史・レオン.パジェス(岩波文庫版)
第十二章・一六二七年(85p)
豊後のドン.フランシスコ[大友宗麟]の子孫たる日本人の寡婦
マグダレナ.キオタ(清田 注三八)〜中略〜は聖ドミニコ会の
会員の第三会員で火炙りになった。

(注)三八
彼女は三十歳の時寡婦となり、長崎に追はれて来た。デ.トルレス
神父は彼女のミサを献てなければならなかつた。この時、彼女は、
自宅に監禁され、かくて一六二二年から一六二七年まで四年間こ
のまゝでゐた。彼女は五八歳であつた。

青木繁『十戒』より

同じカテゴリー(キリシタン官兵衛)の記事画像
筑前大島と遠藤周作『沈黙』
筑前大島と遠藤周作『沈黙』
筑前大島と遠藤周作『沈黙』
日本一高かか山ナ福智山タイッと言っていた母里太兵衛のコト
官兵衛が理由で聖福寺から菩提寺を断られた黒田家
キリスト教徒としての黒田官兵衛
同じカテゴリー(キリシタン官兵衛)の記事
 筑前大島と遠藤周作『沈黙』 (2017-02-13 10:08)
 筑前大島と遠藤周作『沈黙』 (2017-02-09 10:51)
 筑前大島と遠藤周作『沈黙』 (2017-02-09 10:46)
 日本一高かか山ナ福智山タイッと言っていた母里太兵衛のコト (2014-01-30 19:40)
 官兵衛が理由で聖福寺から菩提寺を断られた黒田家 (2013-06-02 08:52)
 キリスト教徒としての黒田官兵衛 (2013-06-01 12:25)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。